スティッチって?
スティッチとリロはとってもなかのいいお友達!!
写真を右クリックして、画像をGETしよう!!

リロ・アンド・スティッチ

あらすじ

ハワイのカウアイ島に住む少女リロは、両親を亡くし、姉のナニと二人暮しであった。友達のいないリロのためにナニは犬を飼うことにするが、リロが選んだのは犬ではなく、エイリアンのスティッチだった。

スタッフ

  • 監督・脚本:クリス・サンダース ディーン・デュポア
  • 製作:クラーク・スペンサー
  • 作画監督:アンドレアス・デジャ
  • 音楽:アラン・シルベストリ

登場人物

  • リロ(声の出演:ダヴェイ・チェイス/日本語版:山下夏生→宮本侑芽)
ハワイに住む女の子。両親をなくし姉と二人暮し。ちょっとかわった価値観を持つが、家族の大切さを誰よりも知っている心強きところがある。映画版では彼女の身上の行方もひとつの見せ場となっている。地元のフラ教室に通う。エルビス・プレスリーのファン。フルネームはリロ・ペレカイ。
  • スティッチ(声の出演:クリス・サンダース/日本語版:山寺宏一)
悪の天才科学者ジャンバが作った試作品626号。青い体に自分の体重の3000倍のものを持ち上げられる怪力と破壊本能を持つが、ハワイ島でリロに出会い変化が現れる。言葉は片言しかしゃべらないが理解力はあり、知能レベルも高い。水が苦手。カフェインを飲むと制御がきかなくなり暴れ出す。本来は六本足で頭と背中に触覚を持つが地球では犬になりすますために中足と触覚を体内に収納している。「キングダムハーツII」では、召喚魔法として登場。ウクレレやショットで敵を攻撃する。
  • ナニ(声の出演:ティア・カレル/日本語版:田畑智子)
リロの姉であり保護者。家の中のことを何から何まで面倒を見ているうえにリロの世話とデイヴィッドとも付き合うハードな日々を過ごす。姉妹げんかもするが妹を大事に思っているよき姉。「リロのために」とリロを保護施設に送られないよう努力するが、精神的にはリロに助けられている部分も大きいようだ。デイヴィッドが好きだがリロのことを思い付き合いを疎にする健気なところもある。フルネームはナニ・ペレカイ。
  • コブラ・バブルス(声の出演:ヴィング・レイムズ/日本語版:郷里大輔)
児童保護施設にリロを連れて行こうとナニに話しかけてる人。この人の経歴が映画のラストに絡んでいく。
  • デイヴィッド(声の出演:ジェイソン・スコット・リー/日本語版:猪野学→石母田史朗)
ナニの恋人。ハワイアンセンターでファイヤーショーをやっている。
  • ジャンバ・ジュキーバ博士(声の出演:ディヴィッド・オグデン・ステァース/日本語版:飯塚昭三)
スティッチを作った宇宙人(クエルタクアン出身)、自称「悪の天才科学者」。目が4つある。映画では逃げ出したスティッチを捕まえるために地球にやってくる。「〜ザ・ムービー」以降はリロの家に住みスティッチ、プリークリーとともに地球で暮らしている。
リロに会ってスティッチの心が変わり行く様を見て興味を持つが、この人自身もリロと家族になり変わっていく。悪の天才科学者だと言い張るが地球ではリロや家族を大事に思う「よきオッサン」。ちなみに離婚歴があり、昔は黒いストレートの長髪だった。
  • プリークリー(声の出演:ケヴィン・マクドナルド/日本語版:三ツ矢雄二)
映画では地球について学んでいたため案内役兼ジャンバの監視役として、逃げ出したスティッチを捕まえるためにジャンバと共に地球にやってくる、目が1つに足が3つのエイリアン。「〜ザ・ムービー」以降はリロの家に住みスティッチ、ジャンバとともに地球で暮らしている。忙しいナニにかわり掃除等の家事を担当しており、普段からナニの服を着たり、町に出るときはおかっぱのカツラをかぶりリロのおばさんとして女装している。地球の蚊について研究している。
  • ガントゥ(声の出演:ケビン・マイケル・リチャードソン/日本語版:石塚運昇)
銀河宇宙連邦軍大尉。身長7mの巨漢だが劇場版では明らかにそれ以上の大きさだった。ジャンバとブリークリーがスティッチの捕獲に手間取っているのに業を煮やした議長によって地球に送り込まれるが失態を繰り返して解雇されてしまう。「〜ザ・ムービー」でハムスターヴィールに雇われ以降、地球に滞在し試作品625と共にリロ・スティッチが発見した従兄弟を奪おうと企んでいる。
  • マートル・エドワーズ
リロと同い年の女の子で同じフラスクールに通う。リロに対して意地悪に振舞う。そのせいか、プリークリーやジャンバからは「どうしても好きになれないタイプの女の子」と呼ばれている。「〜シリーズ」ではジジ(試作品007号)を飼っているが本人はシーズーだと思っている。
  • 試作品625号
スティッチの従兄弟。ガントゥと共に試作品を探す。スティッチと同等の能力を持っているにも関わらず、本人は戦いを好まず、ひたすら大好きなサンドイッチ研究に明け暮れている。ガントゥのことを「オジサン(日本語吹き替え)」と呼ぶ。

リロ・アンド・スティッチ・ザ・ムービー

上記の映画のその後のストーリー。ハワイに住み始めたスティッチとジャンバ博士、プリークリーら。ある日突然、ジャンバ博士が昔の同僚のハムスター・ヴィールに捕まった。ジャンバ博士を助けるために、リロとスティッチが立ち上がった。

ザ・ムービーとはなってはいるが映画としては上映されておらず、ビデオ販売しかされていない。このタイトルは仮題で完成版のタイトルは「スティッチ!ザ・ムービー」。


リロ・アンド・スティッチ・ザ・シリーズ

さらに上記の「リロ・アンド・スティッチ・ザ・ムービー」のあとに作られた、1本30分のテレビ番組用シリーズ。ハワイ諸島に散らばったスティッチたちの従兄弟のカプセルを収集するためにリロとスティッチが協力する。ストーリーとしては毎回必ず1体(もしくは2体の場合も)の新しいスティッチの従兄弟たちが登場。リロが始動した従兄弟たちの能力に見合った居場所を見つける。そしてその従兄弟たちを奪おうと、ハムスターヴィールに雇われた元大尉のガントゥと試作品625号が挑んでくる。また、銀河連邦諜報員のプリークリーがジャンバの補佐(実際には実験材料?)として、リロ達に関わってくる。

試作品625号はスティッチと同等の力を持っているもののそれを生かせないでサンドイッチ作りに心血を注いでいる。

過去に登場した試作品たちはみんなスティッチと色や体の大きさ、形や能力、性格や言語能力にいたるまでバラバラだが、目の色だけは一緒。

映画版に登場したデイヴィッドとコブラ・バブルスはほとんど出てこない。

発見された従兄弟たちはその能力などに合った名前をリロがつける。(例:何でも音をコピーする従兄弟「サンプル」、料理が得意な従兄弟「フレンチフライ」など)例外として、先に発見した人が名前をつけていたりすることもある。(サーカスの芸人に名づけられた「エラスティコ」など)

リセス、アメリカン・ドラゴン、キム・ポッシブルの登場人物がゲストキャラクターとして登場した事があった。それぞれの作品のキャラが、それぞれの理由でリロたちの住むハワイ諸島にやってくる展開だった。


日本での放送はテレビ東京系、WOWOW、ディズニー・チャンネル、トゥーン・ディズニーなどで行われている。

リロ・アンド・スティッチ2

Lilo & Stitch2 Stitch Has a Glitch 2005/9/7 ビデオ&DVDのみで発売。 リロ&スティッチの続編。 破壊を目的として、ジャンバ博士の遺伝子実験により作成されたスティッチであったが、リロの家族=“オハナ”となり、リロに思いやりややさしさを教えてもらい、“いい子”として楽しくハワイで暮らしていた。 ところが、スティッチを試作品626として作成した際にジャンバが銀河連邦軍により連行されたため、足りなかったものがあり、体の中の回路がおかしくなり、大暴れする“悪い子”に逆戻りをしてしまう。 いい子に戻ろうと奮闘するスティッチ。しかし徐々に”悪い子”を抑えきれなくなったため、一人家をでて、力尽き倒れてしまう。 スティッチを救うことができるのは、リロやナニ、ディビッド、ジャンバ、プリークリー達“オハナ”全員の愛と勇気だけしかなかった。

スティッチの悪い子度数が徐々にあがりつつあるときに、 お祭りで行われるフラのコンテストで優勝を目指し踊るテーマを捜すため、 エルビスにゆかりのある場所を地図を見ながらスティッチとともにいろいろと巡るシーンも素敵。

リロの声優がダコタ・ファニング(日本語吹き替え:宮本侑芽)へ変わった

備考・その他

  • 映画、テレビシリーズを通してのテーマは「オハナは家族、家族はいつもそばにいる。何があっても」。
  • 東京ディズニーランドで2006年4月15日から7月13日まで映画とテレビシリーズを基にしたイベント、「リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find Stitch!〜」が行われた。パレード「フリフリ・オハナ・バッシュ」では、スティッチとリロの他に、ジャンバ博士、プリークリー、ガントゥ、625、ハムスターヴィール、010-フィリックス、221-スパーキー、258-サンプル、624-エンジェル、627が登場した。リロとスティッチ以外は世界のディズニーテーマパーク初登場である。
  • またこのイベントとともに、映画「リロ・アンド・スティッチ」を東京ディズニーリゾート内のイクスピアリにあるシネコン「シネマイクスピアリ」で2006年4月29日から5月31日までリバイバル上映された。
  • 2006年現在、日本ではスティッチのキャラクター商品が多数発売されており、若い女性を中心に映画・テレビシリーズとは別に独自の人気を獲得している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このページのトップに戻る
『リロアンドスティッチ』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 リロアンドスティッチ All rights reserved.