スティッチって?
スティッチとリロはとってもなかのいいお友達!!
写真を右クリックして、画像をGETしよう!!
三ツ矢雄二

リロ&スティッチ

リロ&スティッチ 人気ランキング : 17990位
定価 :
販売元 : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 : 2003-08-22
発送可能時期:
価格:

温かくておかしくて想像力に富んだ『リロ&スティッチ』は、ディズニーがここ数年の間に作ったアニメ映画の中で最良の作品だ。トゥーロ星でマッド・サイエンティストのジャンバ・ジュキーバ(声はデヴィッド・オグデン・スタイアーズ)が、破壊する欲望をプログラムされた小型のモンスターを造り出した。そのモンスターが逃亡し地球に着き、ハワイ人の孤独な少女リロ(デイヴィー・チェイス)にペットとして引き取られ、スティッチと名づけられる。リロと姉のナニ(ティア・カレル)は、両親の死後、一緒に暮すために苦労してきた。スティッチとリロは、福祉局のソーシャル・ワーカー、コブラ・バブルス(ヴィング・レームズ)や銀河警察の捜査官をかわしながら、笑いを誘う冒険を共にする。リロたちは、家族とはその中に生まれた場合と自分たちで作っていく場合があるという教訓を学ぶ。『アイアン・ジャイアント』や宮崎駿の映画を思い起こさせる温か味と誠実さのお陰で、『リロ&スティッチ』は大人と子どもが一緒に心から楽しめる魅力的なファンタジーに仕上がっている。(Charles Solomon, Amazon.com)

家族っていいな♪

 はじめは暴れん坊のスティッチだったけれど、「おはな」というハワイの家族を示す言葉にアイデンティティを自覚し、成長するのには見応えがありました。
同時に家族は何でもさらけ出される場所、安心出来る場所、大切な存在を確認できるオアシスのようなもの。私が日頃感じていたものと 共鳴して、勇気づけられた一枚です。
 子供むけにはなっているけれと、大人も楽しめる作品です。
これからの リロ・ナニとも成長が楽しみです。

リロ&ステッチDVD

新品のようでとてもよかったです。ありがとうございました。

さすが

ディズニーの世界にやっぱりはまらせられた作品でした.物語的にはパターン化されている気がしますが,そこはさすがのディズニー.”そのパターンを待ってました!!”と思わせるのはサスガです.大人でもこうゆう風な気持ちになりたいときもありますよね.

いい意味で予想を裏切られました。

彼女に勧められて半ば嫌々で見たのですが、見事にはまってしまいました。(笑)
スティッチが可愛いのは勿論の事、リロがとても愛らしくて可愛くて、自分にもこんな妹がいたら良いなと思いました。
子供の頃以来、ディズニー作品をまともに見たことは無かったので、改めてディズニー映画の素晴らしさを体感しました。
話も大人が見ても楽しめる内容で、最後の方は涙なしでは観れませんでした。
小さいお子様がいる方等には特にお勧めします。

これは子供向けなのだろうか?

キャラクターは明らかに子供向けなのだが、
脚本やコンテの書き方は一般映画的な作り。
アカデミー賞で宮崎駿と争っただけあり、
殆どディズニーよりジブリ系映画に近い雰囲気の作風なのだ。
そのため大人の鑑賞にも耐える家族映画に仕上がっているのだが、
子供たちの受けをスティッチだけに任せるのは酷かと。
海外ドラマのノリを期待する方にお勧め

このページのトップに戻る
『リロアンドスティッチ』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 リロアンドスティッチ All rights reserved.